バイアグラ・ジェネリック比較~国産vsカマグラ~

国産ジェネリックとカマグラを比較

バイアグラのジェネリック医薬品としてバツグンの人気を誇るカマグラゴールドですが、日本でもジェネリックの製造・販売は行われています。

国産のジェネリックとインド製のカマグラゴールド、どちらを選ぶべきなのか?

それぞれの特徴やメリットについて比較してみました。

国産のバイアグラ・ジェネリックとは

日本ではじめてジェネリックに着手したのは東和薬品です。
従来のような錠剤ではなく、水がなくても服用できるOD錠(口内崩壊錠)を製造

これに続いたのが陽進堂で、ほかにもキッセイ薬品や富士化学工業などが「シルデナフィル錠」として販売しています。
日本で作られているバイアグラのジェネリックは、どの製薬会社も商品名は共通。

会社名 商品名 薬の特徴
東和薬品 シルデナフィルOD錠 50mg VI 「トーワ」 白い円形
陽進堂 シルデナフィル錠 50mg VI 「YD」 薄い青色、楕円形
キッセイ薬品 シルデナフィル錠 25mg VI 「キッセイ」
シルデナフィル錠 50mg VI 「キッセイ」
薄い青色、円形
富士化学工業 シルデナフィル錠 25mg VI 「FCI」
シルデナフィル錠 50mg VI 「FCI」
薄い青色、ひし形

価格は25mg1錠/650円、50mg1錠/1,000円が相場。
先発薬であるバイアグラが25mg/1,300円、50mg/1,500円ほどなので、少し手が出しやすくなっています。

カマグラゴールドと日本製ジェネリックを比較

カマグラゴールド 国産ジェネリック
購入方法 ネットで注文する クリニックを受診する
価格 1錠/約462円(50mg) 1錠/1,000円(50mg)
バリエーション 50mg、100mg 25mg、50mg

カマグラゴールドを選ぶいちばんのメリットは、リーズナブルな価格
さらに、スマホやパソコンから注文すれば自宅に届けられるので、仕事やプライベートのあいまを縫って通院時間を捻出する必要はありません。

医療機関へ足を運ぶことがないので、誰とも顔を合わせることなくED治療薬をゲットできるという手軽さも大きいはず。

国産のジェネリックは、医師と対面で処方してもらえるという安心感や日本製品に対する信頼感を重視したいという人におすすめ。
多少金額が高くても、日本で作られているものの方が安心だと考える人は多いでしょう。

ライフスタイルや経済状況は人それぞれ。
ストレスや物理的負担なく、コンプレックス=EDとつき合っていけるといいですね。

Posted by OONAO


PAGE TOP